鳥取・島根を拠点に、環境地質・測量補償・設計・新エネルギー・介護事業を展開。高度な技術で未来を創造します。

社長のちょっと聞いてごしない!
記事一覧
NO.5
働くということ
2010年05月
代表取締役社長 大野木 昭夫
 ここ最近、不況とは言え大学生の就職浪人が多いということはご存知でしょう。連休に教育番組で、東京の公立中学校での「働くということ」について授業特集をしていました。その授業は「この頃、大学生の就職浪人が多いのはナゼだろう?」と校長先生の問いから始まりました。中学生の発言は「景気が悪いので就職するところが少ない」が大半だろうとの校長先生の予想でしたが、意に反して大学生の仕事に対する姿勢の発言が沢山あったのです。たとえば「コミュニケーションができない大学生が社会に出られない」、「就職に自分の選り好みばかりして気に入らないと就職しない」、「自分の働く目的を持っていないから仕事につけない」等々でした。
 中学生でありながら先輩の姿を冷静に見ていると感心、と同時に中学校のときから「働くということはどういうことか」を考えさせることを授業の中に取り入れている校長に感心しました。ちなみにこの校長は民間からの公募で選ばれた先生でした。

 技術者集団の企業では、自分の技術力向上には並々ならぬやる気を持っていますが、人間力の向上になるとトーンが落ちる傾向が見られます。大方の技術力重視の企業では、社員の技術力がブランドであり、個人の技術力向上に最重点が置かれています。しかし、個々の技術力がチーム力(企業力)にどのように寄与していくかの重要な視点が明確になっているでしょうか。
「企業は人なり」の人とは、技術力だけでなく人間力のある人を求めているのです。
このページのトップへ